刊行書籍のご案内


【新刊のご案内】

『上江洲義秀 質疑応答集』 Question&Answer Selection 

光話の導入編というテーマのもと選りすぐりの94話を集めました。光話がちょっと難しいという方にもオススメです。真理を日常生活に生かすためのヒントが満載です。今から即 実践できます。

 

『上江洲義秀 質疑応答集』Question&Answer Selection               

2018/9/12(第1刷)

定価1500+税 A5版 306ページ

 

 

 1章 真理を学ぶ 活かす 

●真理を学ぶ 活かす●日常生活のなかで“愛”をどう表現するか●すべてが“愛”に生かされている

●気づきたい 覚醒したい●まずは身口意、そして明想●ヒーリング、明想、覚醒、憑依

●すべてを愛し生きる●体験・経験をとおして成長する●生かして生きよう

●過去でもなく未来でもなく“今”を生きる 

 

2章 悟りへの道 

●悟りへの道●明想以外の道はあるのか?●悟れる人、悟れない人は決まっているのか? 

●目覚めたことを自覚できるのか?●悟りとは“そのもの”であること

 

 

 

3章 身口意 

●なぜ思いを正すのか?●身口意の努力は難行・苦行●命がけで身口意をやり尽くしてきた●感情を抑えこまない、爆発させない

●愛で受け止める

 

4章 明想 

●なぜ明想が必要なのか?●明想の基本●明想に入りやすい時間帯●明想中に起こる身体の変化●緑の光がまぶたの中に見える

●真実の明想は“ただ愛であること”●実相の のぞき見●ビジョンには三通りある 

 

5章 アジュナ・チャクラ 想念・意識

●チャクラは“愛”で以外開かない●アジュナ・チャクラを使う●思いを100%具現させるには●ネガティブな思いは具現化しやすい?

 

6章 死・魂 

●正しく死を理解する●死は怖いものか●魂とは

 

7章 運命・カルマ

●生まれてくる環境は選べるのか?●運命は一点の狂いのない計算●カルマになるか、ならないか?●親子につなげられた理由

●芸術的センスは来生に引き継げるか?●良いカルマを背負っているからここにいる

 

8章 直感・インスピレーション 

●直感を感じたら進んでみること●静心●答えは内在の神に求める

 

9章 識別

●識別とは●「すべてを受け入れること」と「識別」

 

10章 波動

●時間がない●自ら放った波動が自らにはね返る●上がった波動を保つには●息 自らの波動のとおり引き寄せる●感情波動と病気

●ネガティブな波動から子どもを守るには

 

11章 守護霊・憑依・霊能者

●守護霊の働き●なぜ憑依するのか?●憑依は自覚できるのか?●霊能者●なぜ当たるのか?

 

12章 神社参り・供養 

●神社参り●供養 亡くなった方へのお祈りをするなら

 

13章 教育

●愛であることが難しい~小学校の先生からの相談●心配が心配を引き寄せる●勉強が忙しすぎる●“怒り”なのか“叱る”なのか

 

14章 愛か 執着か 思いの伝え方 

●愛か 執着か●苦しいなら愛ではない●家族の理解を得たい

 

15章 病い・癒し

●病気と食べもの●思っているとおりの私●病気の意味を知りたい●ヒーリングの意味と効果●ヒーリング効果はどのくらい続くのか?

 

16章 思いグセ・悪習

●過去の自分から解放されたい●葛藤、不安●ゆるすということ●もっと楽に生きたい●母親からの影響を断ち切りたい

 

17章 神の創造したもの

●なぜ神は地球を創ったのか?●なぜ本質(神)は顕現したいのか?●不老不死のクスリ 

 

18章 世界平和・宇宙調和

●地球のために自分を役立てる●集合カルマ●心配するより“愛の伝導体”になること●創造のための破壊 

 

19章 全一体ということ 

●動物や植物と話したい●亡くなったペットに感謝の気持ちを伝えたい●害虫にどう対処すべきか?●無限にすべてとつながっている

 

20章 我、肉体にあらず

●食べたい●食べなくても生きられる?●必要以上に肉体を甘やかしてはいけない●肉体・幽体・霊体●惑星からの人体への影響

●完全意識が体質を変える●細胞に“完全”を記憶させる

 


●上江洲義秀 光話三選シリーズ

全国・全世界で展開されている上江洲義秀先生のセミナー。「光話三選シリーズ」は、セミナーで行われた数多くの光話から三つの光話を厳選し、必要最小限の編集を加えて1冊にまとめたものです。

光話は、参加者のトータルした波動を読み、その場に最もふさわしいテーマにおいて、さまざまな切り口から真理が説かれます。

自らの体験・実感から引き出される一言一言が魂を大きくゆさぶり、より良く生きるための道を示しています。

 

『上江洲義秀 光話三選 vol.1』 2017/12/25(第4刷)

定価1000円+税

A5版 136ペー

 

1章「肉体存在の目的は幸せ」命ぬ琉球

幸せになりたいと誰しも願っているはずなのに、幸せでない人が多いのはなぜでしょうか。

幸せになる条件、幸せになる法則とは何でしょうか。

2章「静心」命ぬ琉球

心が静かになったとき、真実のインスピレーションやメッセージを受け取ることができます。

人間はすべて送信機であるとともに受信機でもあります。

どんな結果を引き寄せるのか、それは自分自身の生き方次第なのです。

3章「無題」根源の光

息とは何でしょう? 吸う息は「愛」、吐く息も「愛」として生きることができれば、誰でも幸せになります。「息」は“自ら”の“心”と書きます。言葉や態度はどんな嘘をつくこともできますが、息だけは絶対に偽ることはできないのです。 

 

『上江洲義秀光話三選vol.2』2017/9/20(第2刷

定価1000円+税

A5版 124ページ

 

1章「運命の設計者」命ぬ琉球

運命とは何でしょうか? 

運命に支配されて生きるのではなく運命を支配して生きるためにどうすれば良いのでしょうか。  

2章「すべては波動」中標津やすらぎの郷

すべてのすべては目には見えない“波動”の影響を受けて存在しています。

良くない波動を受けずに、良い波動を引き寄せ生きるための方法とは。

3章「愛に生きる」中標津やすらぎの郷

“愛にいきる”とはどういう生き方をいうのでしょう? 

本当の奉仕活動とは何でしょうか?  

『上江洲義秀光話三選 vol.3』2017/11/3(第1刷)

定価1000円+税

A5版 110ページ

 

1章「条件反射 反応」命ぬ琉球

一瞬一瞬、思い、考えていることすべては、過去幾転生の記憶から引き出していること。これを条件反応、記憶の反応といいます。これを克服し、偽我から自由になるためにはどうしたらよいのでしょう? 2章「真理に生きる」 命ぬ琉球

私たちひとりひとりの思いや言葉から放つ波動は、人間だけでなく、地球、宇宙、動物、鉱物、植物、微生物すべてに影響を与えます。人間が万物の霊長としての自覚を持ち“愛”に生きることができたとき、すべてに幸いをもたらすのです。

3章「思いは実現の母」 中標津やすらぎの郷

正しい方向にどれほどの意志で“それ”を意識すること、思うことができるのか?

思いは良きも悪きも必ず具現化します。 

 

 

 

『上江洲義秀光話三選vol.4』2018/2/1(第1刷)

定価1000円+税

A5版 116ページ

 

 

第1章「原因は結果をとおしてあらわれる 原因は天 結果 地」

2018年のテーマは「誰彼を変えようではなく 自分が変わろう」

親兄弟であっても私たちには誰ひとり変えることはできません。

しかし「どん底の私」が「無限の私」まで、私たちは「私」を変えることができるのです。

そして、2017年の終わり、明想をとおして見せられた「多くの船が波にのみ込まれていく姿」

このビジョンにはどんな意味があるのでしょうか? 

 第2章「サタンとは偽我」

檻の中でサルを飼うように、私たちは心のなかで、“偽我”という“サタン”を飼っています。

偽我は“うらみ”や“怒り”や“嫉妬”というエサが大好物で、皆さんが怒れば怒るほど、嫉妬をすればするほど大喜びします。そしてとうとう心の畑を埋め尽くすほどに成長していきます。

逆に、偽我はあなた方が真我に目覚めたとき、自ら消えていかなくてはならないので、

                  「愛」というエサを与えられることを何より恐れているのです。

                                                                  第3章「宇宙意識」

                                                 宇宙意識とはどのような意識をいうのでしょうか?

                                                       「願ったものすでに受けたり」。

                                                        肉体が朽ち果てようとも疑うことのない強い意志がもてば、宇宙意識に到達することも可能です。

                                                        なぜならひとりひとりには、平等にこの宇宙を創造した「宇宙意識」が実在しているからです。



●企画シリーズ

 

明想〜meditation〜

全国で説かれた光話や質疑応答、明想指導のなかから「明想」と「身口意」のメッセージをクローズアップした抜粋集。上江洲先生の学びの世界観を盛り込んだ1冊です。

1章では、明想を深める上でとりわけ大切なメッセージを集めました。

2章では、2014年から2017年にかけて行われた明想指導13話をピックアップしています。

 

『明想〜meditation〜』2017/9/20(第2刷)

上江洲先生が何十回も何百回も何千回も説いてくれた

とても大切なメッセージ

定価1200円+税

 A5版 112ページ

 

1章 上江洲先生からのメッセージ

明想とは何でしょうか? 

何のために明想するのでしょうか? 

悟りとは? 身口意とは? 愛とは?

明想への理解がぐんと深まる内容です。 

2章 明想指導 2014-2017

2014年から2017年に行われた明想指導のなかから13話をセレクトしました。